ウガンダはこんな国! 場所や気候や時差などの基本情報をwikikupediaが紹介

皆さん、Gyebale ko(ジェバレコ)。菊山です。

その自然の豊かさから、The pearl of Africa(アフリカの真珠)と呼ばれるウガンダ。まだまだ発展途上ではありますが、可能性を秘めたこの国に青年海外協力隊員として派遣されています。

恥ずかしながら自分は、派遣要請を貰うその日までウガンダという国は名前しか知りませんでした。

正確な位置や首都の名前はもちろん、経済規模や環境なんて全く知りませんでした。同期の隊員も皆そういった感じで、日本人にはあまり馴染みのないこの国ですが、面白い要素をたくさん持っています。
なのでこのブログを通して、日本の皆さんにウガンダの色々な面を紹介していきたいなと思います。

*この記事では表面的な情報しか載せていませんので、詳しい情報はそれぞれの関連記事をご覧ください。

 

ウガンダの場所と時差

まずウガンダですが、東アフリカに位置している内陸国です。日本との時差は−6時間。中東のサウジアラビアやイラク、ヨーロッパのウクライナなどと同じタイムゾーンに属します。国土を赤道が通る珍しい国でもあります。

250px-Uganda_(orthographic_projection).svg.png

ウガンダの首都はKampala(カンパラ)で、中心より南に位置しています。

国際空港があるのはEntebbe(エンテベ)というところで、首都のカンパラから35kmほど離れています。

 

入国に際して ビザとイエローカード

ウガンダへの入国には、残存期間6ヶ月以上のパスポートだけでなく、ビザイエローカード(黄熱病のワクチン摂取の証明証)が必要です。

まずビザについてですが、こちらは日本にあるウガンダ大使館で事前取得も出来ますし、入国時に取得することも出来ます(陸路でも空路でも)。
また、90日間ウガンダ・ケニア・ルワンダの3ヶ国を行き来出来る、東アフリカ観光ビザというものもアライバルで取れます(100USD)。

イエローカードに関してですが、ウガンダは黄熱病の汚染国に指定されていることもあり、入国時にイエローカードの提示を求められます。
予防接種を受ける際、病院の予約がなかなかとりにくいので、渡航前に十分余裕を持って準備してください。

 

ウガンダのお金とコンセントタイプ

ウガンダに来る際に気になる、通貨とコンセントタイプ。

 

通貨はウガンダ独自のUGX(ウガンダシリング)というものを使っています。2019年6月現在のレートで、1ドル=3725ウガンダシリングとなっています。

ウガンダの物価についてまとめた記事がありますので、来ウの際の参考にされてみてください↓

ウガンダの物価について

 

ウガンダのコンセントタイプですが、イギリスに統治されていた歴史的背景から、英国と同じBFタイプが主流です。

極たまにCタイプのものもあります。

電化製品はすべて輸入や、中古のものが入ってきているため、これ以外のものにも対応出来る返還アダプターを持って来ることをお勧めします!

その他、ウガンダに持ってくるべきオススメアイテムはこちらから!

 

ウガンダの気候や交通

赤道直下のアフリカというと凄く暑いイメージですが、ここウガンダはある程度標高が高いこともあり(平均海抜1200m)、首都カンパラでは気温は年間を通して15~30℃くらいと生活しやすいです。学生時代に習ったケッペンの気候区分ではサバナ気候(AW)に属します。これに関しては自分がそんなに詳しくないのでこれ以上は語りません笑。

季節は大きく二つに分かれます。雨季と乾季です。雨季は年に二回で、8月後半〜11月の前半(小雨季と呼ばれる)と、3月〜5月(大雨期と呼ばれる)です。
3〜5月の大雨期には、毎日スコールのような非常に強い雨が降ります。

 

ウガンダは内陸国ゆえ、輸送の9割を陸送(トラック)に頼っています。道路の舗装状態が悪いこともあり、毎日酷い渋滞が発生しています。アフリカ外との輸出入の際は主にケニアのモンバサ港から(まで)陸送してという形を取っています。

そうか、ウガンダは内陸国だから、魚はなかなか食べれないのか・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、実際は国内に複数ある湖で水揚げされる魚がよく食卓に上がります。
そう、ウガンダは世界で2番目に大きな淡水湖、ヴィクトリア湖に面しているんです!(塩湖も含めると、カスピ海、スペリオル湖につぐ第3位!)

ウガンダの主要交通手段についてはこちら!

 

ウガンダの誇り!!

行ってきましたが、もはや海!波もいい感じに立ってました。

昼過ぎ頃から地元客も増え、湖水浴やビーチでスナックを食べてくつろいだり、ガンガン音楽を流してドラッグやったりしていました苦笑

この途方もなく広いヴィクトリア湖の他にも、ウガンダ国内には大きな湖がいくつもあり、巨大魚で有名なナイルパーチティラピアなどがたくさん採れます。写真の場所はビーチとして開放された場所なので大丈夫ですが、場所によってはワニやカバが出ますので遊泳の際はご注意を!

 

ウガンダの食事

素晴らしい気候に恵まれたウガンダでは、色々な作物が育てられるため、主食がたくさんあります。メイズ(白いトウモロコシ)や芋類。それに最近ではお米の栽培も盛んです。

中でも、上写真のマトケと呼ばれる甘くないバナナは主食として大人気の作物です。詳しくはまた改めて紹介します。

ウガンダ料理 マトケについて書いた記事はこちらから

 

おわりに

こんな感じで、ウガンダのことを簡単に紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事を読んで、少しでもウガンダという国にご興味を持っていただけましたでしょうか?

次回はウガンダで一番話されている言葉、ガンダ語について紹介したいと思います。

以降、こんな調子で、ウガンダの食や観光などのカテゴリーに分けて紹介していきたいと思います。ではまたお会いしましょう!

 

🇺🇬ウガンダ一般情報 言語 気候 交通 etc
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました