ウガンダ料理紹介Vol.4 ウガンダ人の強い味方“キコマンド”とは?

みなさん、こんばんは。ローカルめし評論家、菊山です。
今回は、安く胃袋を満たせるウガンダ人の強い味方、キコマンドを紹介します。

キコマンドに命救われた話

以前、首都から任地に帰って来る際、アメリカドルからウガンダシリングに両替してくるのを忘れてきてしまって・・・
両替所はおろか銀行もない任地で手元に現地通貨が全くなく、極貧生活を送っていた時、私を支えてくれたのはキコマンドでした笑

キコマンドとアボカド、キコマンドとキャッサバ、キコマンドとトマトスライス。このローテーションでなんとか生き延びることが出来ました笑

キコマンドに敬意を表して、喜心満堵という感じをあててやりたいと思います。

 

キコマンドとは?

このキコマンド(喜心満堵)、どんな料理かというと・・・早い話、豆とチャパティーです。
カットしたチャパティーに豆のソースをかけるだけ。

安い・早い・旨い、ウガンダ版吉野家です。そんなに美味しいものでもないけど笑

ウガンダには、古くからインドの食文化が入ってきており、チャパティーだけでなく、サモサ(中身は豆とか)があったり、人によっては料理にスープにカレー粉を入れたりします。

チャパティー屋さんでは、たいていこのキコマンドも売っているのですが、料金設定が謎すぎます。写真↓は任地のマーケットに謎に並ぶチャパティー屋さん。

チャパティーは1枚500UGX(ウガンダシリング、約15円)で売られており、2枚買うと1000UGX(約30円)となります。

しかし、チャパティーを2枚使ったキコマンドは1食1000UGXのまま。ソース代はチャージされないという不思議な値段設定。

店横の長椅子とかで食べて行くことも出来ますが、持ち帰りを希望するとビニール袋に入れて渡してくれます、こんな感じ↓

これを器に移して

腹持ちの良いチャパティーと豆ですが、1食分はちょっと少ないので、自分はこれに、これまたどこでも売られている素揚げのキャッサバ2本100UGX(約3円)をぶっ刺して食しています。

 

キコマンドまとめ

今回はキコマンドについてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

値段もそうですが、すぐ食べれる便利さから、バイクタクシーの運転手もよく食べているのを見ます。

知り合いのウガンダ人曰く、ウガンダの歌謡曲に、「キコマンドは安い、キコマンドを食べよう」みたいな内容の歌があるそうです笑 それだけウガンダ人に馴染み深い料理なんですね~~

美食というわけではないですが、ウガンダでポピュラーな一品。ウガンダへお越しの際は、ウガンダの文化を知るためにもぜひ試してみてください!
以上、ウガンダ料理紹介 キコマンド編でした!

🍴ウガンダ料理紹介
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました