ここが変だよウガンダ人 ウガンダあるある1

ウガンダあるある探検隊、菊山です。こんにちは。

日本人も世界から見ると変わっていると言われますが、ウガンダ人も僕らから見ると面白いことが多いです笑

あるあるはアイデンティティー。ウガンダらしさを2回に分けて紹介します!前編

  

「スパゲティ」を「マカロニ」と呼ぶ

ウガンダ人は「Spaghetti」を「Macaroni」と呼びます。スパゲティのパッケージにもスパゲティと書いてあるのですが、何故でしょう?

家に来たウガンダ人に、大きな街のスーパーで買ってきたマカロニを見せながら、「じゃあ、これはなんて言うの?」と聞いたら、「それは知らない」と返ってきました笑

あと、スパゲティは茹でる前にボキボキに折ります。短いスパゲティを食べるのがウガンダ流です。

フライドポテトにも、このボキボキに折られたスパゲティやキャベツの千切りを合わせて食べます。

  

「美味しい」を「甘い」と言う

「Delicious」とか「Yummy」の意味で「Sweet」の表現を使います。

魚などを食べている時に「Sweet!」と言われて、何のことかと思ったけど、その魚のことだったりしました。

ちなみに、ガンダ語(ルガンダ:ウガンダで最も話される言葉)で「美味しい」と褒める時は「Ewooma」と言ってあげると良いです。

  

トウモロコシが全然甘くない

ウガンダでは、路上で焼きトウモロコシや茹でトウモロコシを売っているのを見かけます。

どこか日本の縁日を思い出させる光景に、ついつい触手を伸ばしてしまいますが、このトウモロコシ、驚くほど味気ないです。

  

なんでも頭に乗せる

歩いて物を運ぶ時は基本頭の上に載せ、すごいバランス感覚で運びます。

普通に20キロとか30キロあるような物も、平気で頭に載せます。首の筋肉とか凄いと思う。

ダイレクトで頭に載せる人と、バナナの葉で帽子みたいのを作って、その上に物を載せる人と居ます。

  

雨の日はビニール袋を頭にかぶる

ウィッグを濡らさないためでしょうか?オシャレな人の多いカンパラでよく見ます。

  

なんでもバイクや自転車で運ぶ

高価なトラックや車を持てない人が多いため、主な配送手段は二輪車になります。

ソファやベッド、トタン屋根、棺桶・・・その他諸々なんでもバイクや自転車で運んでいるのを見かけます。凄い力とバランス感覚です。

  

やたら炭酸ドリンクが好き

こちらでは、おばあちゃんとかもめっちゃ飲みます。炭酸ドリンクは「ソーダ」と呼ばれます。

食後にソーダを飲むのがウガンダの食事スタイル。写真は僕が好きな生姜の強いジンジャエール。好き嫌いがはっきり分かれる飲み物です。

  

水タンクの蓋はバナナ

蓋を失くすのでしょうか?それとも、スクリューが面倒だからでしょうか?みんなバナナをぶっ刺しています。

  

人を呼ぶ時の声が裏返る

音声が無いのが非常に悔やまれますが・・・

遠くから人を呼ぶ時は、声が裏返ります。男の人も女の人も。

例えば、「ジャース」って子を呼ぶ時に、「ジャーーースィィィ⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎」ってなったり、

外国人のことを「ムズング」と呼ぶのですが、「ムズングゥゥゥ⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎」といった感じで呼びます。それで呼ばれるとイラっとします。

  

洗濯物を地面に広げて乾かす

洗濯ロープが無いからではありません。何故か洗濯ロープがある家庭でも地面に広げて干します。

何で地面に干すのか聞いたところ、「乾くのが早い」という返答が返ってきました。僕はそうは思いません笑

地面に干して、綺麗になってるのか汚れているのか分かりません。

これとは別ですが、青年海外協力隊員の洗濯事情についてまとめた記事がこちら!

  

カルシウムといって骨まで食べる

ウガンダ人とレストランに行く度にいつも、「僕のスープに入る肉は骨ばかりだから、人種差別でもされているのかな?」なんて思っていました。

が、実際はそうではなく、周りのウガンダ人が骨まで食べていただけでした笑

さすがに堅すぎるやつは食べ残していましたが、鶏や魚の骨が残るのはあまり見たことありません。

  

男同士で手を繋いで歩く

何故かやたらと男の人同士で手を繋ぎます。握手とかそういう短いものでなく、話している間ずっと握っていたり、手を繋いだまま散歩したり。女性同士で手を繋いでるのはあまり見ないです。

他のアフリカの国でも男の人同士で手を繋いでいるのを見るので、アフリカ全体のあるあるなのかもしれません。インドでも見たな・・・どこ発祥の文化だろ、これ・・・

  

体調が悪いととりあえずマラリア

これもウガンダだけじゃないと思いますが。体調が優れないと「マラリアにかかった」と言います。翌日に治ったりしているので、絶対に違いますが。検査も受けないですが、1、2日したらけろっとしてますので。

ただ、ウガンダは本当にマラリア流行国で、実際にマラリアにかかった協力隊員や専門家の方もいらっしゃるので、来ウの際は、虫除けや蚊帳の使用・予防薬の摂取など対策をされてください。

自分は高熱が出た際、検査キットで検査しましたが、幸いにも陰性でした。

  

最後に

今回は、日本人の私から見たウガンダ人の変わったところ(前編)を紹介しました。

見る人によって感じ方は違うと思いますし、もしかしたら変わっているのは私の方かもしれませんし、一個人の考えだと思っていただけたら嬉しいです。

また、ウガンダ関係者の方で、「あれもあるよ!」という方がいれば教えてください笑

写真がないためコメントだけのところもあるので、良いのが撮れたら順次貼り足していくと思います。

では、この辺で!

地球の歩き方にウガンダだけのものはありません。こちらの東アフリカ版でカバーされています。任国外旅行の際にも役立つので、購入をお勧めします。

🇺🇬ウガンダ一般情報 言語 気候 交通 etc
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました