写真をあげる活動始めました 協力隊の活動紹介

もう5年くらい前の話。フィリピン人の友達が「フィリピン人はFacebookが好きなんだよ」って僕に言ってきたので、その理由を尋ねたら「自分の子供が大きくなったら、自分たち家族がどんな生活をしてきたか、Facebookの写真を見せて教えてあげる」とのこと。

 

ウガンダの田舎の方に来てふとそんな話を思い出して、カメラはもちろん携帯すらもない家庭の子供たちに何かしてあげようと思って、任地の子供達に写真をプレゼントする活動を始めました。ミラーレスで撮った写真を街に出た際に現像して持って帰ってくる。

 

 

物を与えるのはあまり良い事とは思わないけど、たまに写真をあげるくらい良いかなって。豊かに育って、大人になった時に見返して笑ってくれたら良いな。

 

始めて二ヶ月ですが、ひと月15枚ペースで配っていて、任期中に300〜400枚くらい配れると良いかなと思います。配ってるのを見て、大人もくれって言ってきますが笑 良くしてくれている人にはあげよう。綺麗に撮ってあげなきゃだ。

[itemlink post_id=”348″]

🏠任地ラカイと活動について
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました