ウガンダで年越し

こんにちは、菊山です。

新年明けましておめでとうございます。

ご無沙汰しておりましたが、これからまた定期的に記事を投稿していきますので、本年もよろしくお願いします。

平成30年(2018年)から平成31年(2019年)と年が改められました。その平成も、5月1日より新しい元号に置き換えられます。自分たちの生きた平成の終わりに日本に居ないと思うと、なんだか少し寂しい気持ちになります。

さてさて。年末年始、皆様はどのように過ごされましたでしょうか?

私たち2018年度1次隊のウガンダメンバーは、都合の合う人は木伏隊員の家に集まり、新年を共に祝いました。

木伏くんの任地は、首都カンパラから東へ80kmちょっとのところにあるジンジャという街。名前的にも年越しにピッタリな場所でした。

f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175553j:plain

ここジンジャは、ヴィクトリア湖から遥か彼方エジプトまで流れるナイル川の源流が通る街として有名です。ヴィクトリア湖やナイル川を観光資源として、ラフティングやボートクルーズなどのアクティビティもありますが、今回はみんなでのんびり散策しました。

f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175345j:plain

夜ご飯も自分たちで作ります。ナイルスペシャルやクラブといったウガンダビールで乾杯。

f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175315j:plain

JICA事業で最近ナイル川に架けられた吊り橋、New Nile Bridgeの辺りで年越しを祝う花火が上がるという噂を聞きつけ、11時半ごろみんなでお出掛け。年越し前から上がり始めた花火とライトアップされた橋とに魅了され、ウガンダで新年を迎えることが出来ました。

f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175814j:plain
f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175717j:plain
f:id:ugandakougyoukoukou:20190107175913j:plain

その後、みんなでカジノへ移動。今年の運試しに行きました!その結果は・・・笑

木伏邸に帰り、休んだ後はお雑煮を頂きました。餅や出汁の素や醤油など持ち寄って自分たちでこしらえたものです。やっぱり日本の味は落ち着きますね〜。

ウガンダ隊の年末年始はこのように、日本人とウガンダを楽しみつつ小さな日本を感じ、まったりすることが出来ました。

f:id:ugandakougyoukoukou:20190107180012j:plain

ウガンダでは年越しよりもクリスマスに重きを置くため、あまりお祝いムードは感じられませんでしたが、その分ゆっくり休めたと思います。

余談ですが、この国ではクリスマスシーズンは交通運賃が通常の二倍になります。皆お金が欲しいために、ひったくりや空き巣といった事件もこの時期が一番多いとのことです。しかし、クリスマスを過ぎるとすぐに価格は元に戻っていました。

私たちの派遣後、半年が過ぎました。調査・準備期間は終わり、本格的に活動に移っていく重要な時期となります。頑張りますので、今年も暖かく見守ってください、よろしくお願いします!

追記:ウガンダには日本人のやっている日本食レストランは一軒しかありません。そのお店も高級路線のもので、自分たちボランティアには敷居が高過ぎます。なのでこうやって日本食を食べれる度に日本に生まれたありがたみも噛みしめることが出来ます。大袈裟じゃなく。こっち来る時、もっと日本食とか持って来ればよかった〜〜〜〜〜〜〜!!!

[itemlink post_id=”336″]

📰ウガンダニュース 出来事や情勢
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました