縁の下の力持ち 協力隊を支えるボランティア調整員(VC)のお仕事

金欠隊員の菊山です、こんにちは。

  

昨夜、自分がウガンダに来て以来ずっと担当してくれていたボランティア調整員(以下VC:Volunteer Coordinator)の方の送別会が首都カンパラの本人のご自宅で開かれましたので、参加して来ました。

  

最近では企画調査員とも呼ばれる、このVCというお仕事。
JICA関係者の方以外には馴染みが無いと思いますので、どういうことをされているのか、本記事で簡単に紹介したいと思います。

    

本題に移る、その前に

実は、カンパラに上がる3日くらい前にお金が底をつき、家にストックしていたパスタ麺とニンニクで作るペペロンチーノを3日9食食べて喰い繫いだ結果、菊山史上最高のペペロンチーノに辿り着くことが出来ました。ありがとうございました。

  

ボランティア調整員の方のお仕事

では、本題に移ります。

  

現在、世界では2000人弱のJICA海外協力隊員が活動しております。
そのボランティアの要請書(活動内容)を作ったり、活動や生活をサポートしたりするのが、VCの仕事になります。

  

国により違いがあると思いますが、ウガンダでは一人のVCが10人くらいのボランティアを担当されています。

  

このVCも、協力隊員の募集と同じで、年2回の募集に応募し、一次・二次審査を通った方々が就かれています。任期も基本は2年(希望により延長可)。自分の担当の方は2回の延長があり、3年3ヶ月活動されていました。

応募には、最低2年の海外経験が必要で、申込者の4分の3は元協力隊員で、実際に採用されている人のほとんどが元隊員です。隊員時代の経験を生かしたアドバイスは、我々ボランティアにはとてもありがたいです。

独立行政法人 国際協力機構 企画調整員について詳しくはこちら

  

VCの方々は、自分の専門分野以外のボランティアもお世話することになり、語学力に加え、様々な知識や勉強も求められるお仕事です。

そして、協力隊事業はボランティアが主役です。VCがメインで仕事するわけではありません。

VCの方は、僕らボランティアに考えることは促しますが、答えを与えることはあまりしません。僕らの主体性を尊重するため、良い距離感を取ることも大切なようです。

  

ただでさえストレスの多い海外勤務で、縁の下の力持ちに徹するお仕事は楽では無いと思います。ただ、給料は良いですし、日本国外なので税金も掛かりません笑

  

この仕事には、人のこと一番に考えれる思いやりのある人が向いていると思います。実際に働かれている方も、皆さんそういう方です。そうでないと、担当されるボランティアの方が大変な思いをすることになりますしね。

  

自分を担当してくれていた方は、いつも客観的なアドバイスをくださり、活動を別の視点から考えるきっかけを与えてくれました。ここでもお礼を言わせてください。本当にありがとうございました。

  

送別会には、たくさんのボランティアと調整員とJICAスタッフも集まり、昔のボランティアからビデオレターもあったり、多くの人から好かれていた調整員さんだったんだなぁ~と実感しました。

プレゼントしたTシャツ、早速着ていただきました笑
お世話になったこの方のためにも、残りの任期も頑張りたいと思います。

新しく来る方は、全く異なるバックグラウンドを持つ方のようで、その方と関わるのも楽しみにしたいと思います。

  

では、この辺で失礼します。ご拝読ありがとうございました。

👨‍🌾青年海外協力隊について
スポンサーリンク
kikuchanをフォローする
kikuchan

ウガンダ.com 管理人 菊ちゃん
ひねくれ青年海外協力隊員が、赤道のちょっと南から、ウガンダの情報を独特の視点でお届け。ウガンダや協力隊に興味のある方、暇を持て余してる方が楽しめるサイトを目指します。

kikuchanをフォローする
ウガンダ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました